薪のあれこれ


 薪に関するいろんな話を掲載します。少しづつ増やしていきたいと思います。

薪の規格

 薪の規格は、1束が円周72cmの針金に長さが48cm、36cm、24cmだそうです。
これは、JAS規格で決まっているそうです(聞いた話で未確認です、旧規格かもしれません)。

24cmのものは、殆ど出まわっていません。
でも実際には、45cm、30cmで出している人が多いようです。
これは、シイタケ原木が90cmのため、そのはねものを薪にする場合が多いからです。
(update:2005/03/18)

木材材積の単位換算

一般的な体積を表す石(こく)は、
1石=10斗=100升=1000合≒180.39リットル=0.18039m3
となります(主に液体を表す場合)が、
木材材積を表す場合、
1石=10立方尺=0.2783m3
1m3=3.5937石=35.937立方尺
となります。(参照「林業技術ハンドブック」)
(update:2005/03/18)